株式会社ランナーズホールディングス

文字サイズ

レックス タイミング事業部

TOP > 業務内容 > レックス タイミング事業部

株式会社レックスは、世界No.1の実績を誇る「タイム計測専門企業」です。
1992年に株式会社ランナーズ(現アールビーズ)から独立し、マラソン大会の記録計測をコンピューター処理する事業を展開してきました。1996年に日本で初めて発信機(チップ)による自動タイム計測を導入し、ランナーズチップによる自動計測システム「RECS(レックス)システム」を確立。今後もタイム計測を中心に、市民ランナーをサポートする会社として、ランニング界に貢献していきます。

サービスServices

タイム計測

タイム計測担当のメイン業務は、大会参加者の記録の正確な取得です。そのために、大会主催者と綿密な事前打ち合わせをし、最適な計測の仕様を決めます。大会当日は計測機器のセッティング・テストを経て、ランナーの計測結果を集計。また、表彰状の印刷や記録証の発行も業務の一環です。大会後、「RUNNET(ランネット)」へ大会結果を公開すれば、ランナー向けの一連の業務は完了。
近年では、タイムデータを「応援navi(ナビ)」や「ランナーズアップデート」など、アールビーズが提供するITサービスと連動させることで、ランナーだけでなく応援者へのサービス向上にも努めています。

エントリーデータ処理

WEBや郵便振替など、異なる環境でのエントリーデータを結合し、大会当日、記録が取れるまでのデータに精製するのが大きな役割。主催者からのリクエストに合わせて、種目や男女・年代別など、リストの作成や集計作業をし、タイム計測担当へデータを引き渡します。大会では、ランナー一人ひとりに割り振られる番号が記載されたナンバーカード(ゼッケン)や、大会プログラム用名簿などで、目に見える形になります。

ナンバーカード制作

レックスでは、長年の経験と社員自らもランナーという特徴を生かして、見やすく、かつデザイン性の高い印刷物を制作しています。
2014年には「パーソナルナンバーカード」という日本初の技術を導入。例えば、3万人の参加者がいれば、3万とおりのデザインのナンバーカードが提供できるようになりました。従来の数字だけが並ぶ味気ないものではなく、大会開催地の特産品をデザインしたり、顔写真やニックネーム入りのものなど、沿道の方が応援しやすい、また選手本人が出場記念として残したくなるようなナンバーカードを提供しています。

社員の声Voice

私の業務は、担当マラソン大会でランナーのタイムデータを取り、大会主催者や参加者へ記録を提供することです。大会現場での業務はもちろんですが、事前準備の積み重ねで成否が決まります。緊張の連続ですが、その分、計測が無事成功すると、達成感もひとしおです。
記録計測業務の楽しみのひとつは、大会が開催される全国各地に行けること。仕事を機に知った地域もあり、初めての景色や食文化に出会うことは、私にとっての大きな収穫です。
(2012年入社、タイム計測担当)

採用情報を見る

業務内容