株式会社ランナーズホールディングス

文字サイズ

トピックス

TOP > トピックス > ニュースリリース > ランナーズ24時間リレーマラソン オートバックスグループが、今年も特別協賛!

ランナーズ24時間リレーマラソン オートバックスグループが、今年も特別協賛!

2018年7月2日(月)

一般財団法人アールビーズスポーツ財団

オートバックス ランナーズ 24時間リレーマラソン

~舞洲スポーツアイランド大会&富士北麓公園大会~

オートバックスグループが、今年も特別協賛!

 一般財団法人アールビーズスポーツ財団(事務局:東京都渋谷区、代表理事:下条由紀子)が主催する『ランナーズ24時間リレーマラソン』に、今年も株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)による特別協賛が決定しました。2017年7月14日から15日にかけて、舞洲スポーツアイランド(大阪市此花区)と富士北麓公園(山梨県富士吉田市)で開催される両大会において、メインスポンサーとしてサポートします。

同社は、「健康こそあらゆる企業活動において不可欠な経営基盤であると認識し、健康意識の高い健全な心身を持った人材作りを推進することで社会に貢献する企業を目指す」という考えのもと、同大会に協賛。同社社員も、出走ランナーやボランティアスタッフとして積極的に参加します。

大会当日は「ピットイン(=水分・エネルギー補給)サービス」や「タイヤカーリング大会」等の同社ならではのオリジナルイベントや展示もご用意。ランナーをはじめ応援する地域の皆様や、大会を支える皆様と共に、大会を盛り上げます。

 

■大会概要

 1991年より「ランナーズ24時間リレーマラソン」としてスタート。1995年からは富士北麓公園へ会場を移し、1997年には舞洲スポーツアイランドで初開催。以降、毎年東西2会場で同日に開催しているランニングイベントです。1周約1.4~1.6kmの周回コースを最大15名のランナーで24時間タスキを繋ぎ、コースの合計周回数を競います。会場内では、リレーマラソンの他、盆踊りや花火大会(富士北麓)、BBQ&キャンプ(舞洲)など、夏の風物詩やさまざまなチーム対抗イベントも開催され、参加者、応援者ともに楽しむことができる人気大会。昨年度は2会場合計で約5000人が来場しました。

 

■今年度の新たな取り組み
・両会場共通<当日の写真がその場で完走証に!「ランフォト+」導入>

「ランフォト+」はプロカメラマンが撮影する仲間との感動のフィニッシュ写真や、仲間同士で撮影した大会中のお気に入り写真を大会結果とともに完走証として作成できるサービスです。また、Facebookのアカウントと連携することで当日撮影された参加者本人の写真が、ナンバーカードで認証され、Facebookのアルバムに自動投稿されます。完走証に反映する写真はスマホで簡単選択。作成した完走証は画像として保存、またはご自宅での印刷も可能です。

「ランフォト+」に関する詳細はこちら⇒https://runnet.jp/runphoto/runphoto_plus/

 

・北麓公園大会<短距離選手・ビギナーも集まれ!新種目誕生>

陸上競技場開催ならではの4×100mリレーを新設。また、「24時間は走りきれない」「日帰りで参加したい」「渋滞を避けたい」「秋のマラソン練習のために個人で参加したい」など様々なニーズに応える種目として6時間、12時間の部も開催いたします。

 

■その他、大会に関する詳細は大会公式HPより

・富士北麓公園大会      http://24hrun.jp/east/
・舞洲スポーツアイランド大会 http://24hrun.jp/west/ 

 

■本件に関するお問い合わせ

<アールビーズスポーツ財団 広報事務局>

株式会社アールビーズ 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-4-12 DT外苑

担当:廣沢  TEL:03-5771-7909 Email:press@runners.co.jp

 

Categoriesカテゴリー

Archivesアーカイブ